「ゴール逆算方式」IFRS導入支援

「IFRS導入プロジェクトの最終ゴールは何でしょうか?」

IFRS導入プロジェクトのクライアント様にも、IFRSのセミナー・講義においても、まず始めに質問することです。

ゴールがブレると、プロセスがブレます。目標が明確でないと、時間もコストも無駄になります。
しかしながら、多くの方が、IFRS導入プロジェクトのゴール・目標・全体像が見えていません。
「他社がギャップ分析をやっているから、自社でもとりあえずやってみたものの、その先に何をすべきか分からない」と思考が停止している企業も見受けられます。
ギャップ分析が目標になっており、ゴールが見えていないのです。

では、IFRS 導入プロジェクトの「最終ゴール」は何なのでしょうか?
IFRS 導入プロジェクトの「最終ゴール」は、ギャップ分析を実施することでも、連結B/S、連結P/Lを作成することでもありません。

IFRS導入プロジェクトの「最終ゴール」は、「IFRSに基づく有価証券報告書の作成」です。

言われてみれば、当たり前です。しかし、IFRS導入プロジェクト進行中の方でも、IFRSに基づく有価証券報告書を見たことがない、という方が驚くほど多いのです。
ゴールを知り、ゴールを分析し、「ゴール逆算方式」によってプロジェクトを実施すれば、必要なことだけをやり、かつ、必要でないことを一切やらないという決断が可能です。時間やコストを無駄にかけることなく効率的なプロジェクトを実施することができます。
他方、スタート地点からの「積み上げ方式」でプロジェクトを開始すれば、いつまで経ってもゴールが見えず、重要性がない、もしくはゴールに直結しないことに時間とコストをかけてしまうという非効率なことを行うことになります。
今までプロジェクトに参画してきたなかでの肌感覚では、後者の「積み上げ方式」でプロジェクトを実施されている企業の方が圧倒的に多いと感じます。

「IFRSを導入することになったが、ギャップ分析から始めてよいのか?」
「膨大な資料を作成しているが、本当にこれだけの資料を作成する必要があるの?」
「IFRSを導入すると、こんな細かい会計処理まで対応しないといけないの?」
「監査法人に言われたからやらざるを得ないのでは?」

このような疑問を解決すべく、IFRS導入に関する意見をぜひ一度聞いてみたい!という方、お気軽にお問い合わせください。